金銭トラブルを穏便に解決するには?

経営が困難な時は

会社経営をしていて、経営を存続していくのが困難になる場合は素直に解散することも可能です。会社を解散させる場合は様々な手続きが必要となるので専門家に依頼して進めてもらうのが良いでしょう。

この記事の続きを読む

違法な金利の場合

最近ではメディアでも過払いというワードを耳にすることが増えてきています。過払いはグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利で発生することが多く、現在では違法な利息になっています。

この記事の続きを読む

相続対策をする

人に資産を相続する時には相続税が発生しますが、その金額が負担になることが多いので相続税対策が行われています。相続対策はコツがあるので専門家に相談しておくと良いでしょう。

この記事の続きを読む

専門家に相談

遺産を相続する際に発生するのが相続税です。相続税などで悩まないように、相続準備を行っておきましょう。相続準備を行う際には、専門家に相談するのが最も効率的です。大阪などでも多くの専門家がいます。

この記事の続きを読む

増えつつある不倫

現在の日本において不倫は格好の雑談のネタになります。芸能人の不倫はワイドショーや週刊誌などで大々的に取り上げられますし、不倫のドラマも大ヒットしましたね。 日本では不倫は不貞行為とされていながらも罰則はありませんが、過去「姦通罪」として犯罪に該当していた時代もありました。海外でも台湾やイスラム圏の国で現在でも「姦通罪」があり、イスラム圏では死刑になる場合もあります。一方で昔の日本のように一夫多妻制の国も多いことから不倫の捉え方は時代や地域によって全く違うものになります。 先述したとおり日本は不倫に対して罰金が課されたりはしませんが、慰謝料は相手によって発生します。元々慰謝料の相場というものはありませんでしたが、慰謝料を求める裁判が多いことから、現在では相場表などを作る弁護士会もあります。

離婚は年々増加傾向にありますが、それに比例して不倫による相談件数も増加傾向にあります。離婚裁判の理由で2番目に多いのが不倫です。ブログやSNSの発達で自分や相手の体験談を赤裸々に語る人が増えてきている事から、以前よりもタブーな話題ではなくなってきています。同様にSNSなどで学生時代の元恋人と連絡を取るようになって、不倫に発展するといったパターンも増加しています。 またネットの普及により不倫をされた側も慰謝料などについて法的な知識を得やすくなったこと、相談しやすい環境が整ってきたことも相談件数増加の理由でしょう。昔のように黙って我慢するのが美徳とされた時代は既に終わりました。 時代の変化かもしれませんが、結婚の際の誓いは忘れないようにしたいものですね。